強いコネがある

税理士同士は商売敵であったとしても、税理士と他の有資格者は商売のパートナーとして手を組んでいることが多くあります。これは、税理士とそれ以外の有資格者で行うことに若干の違いもあるからです。企業を運営する社長側としても使い勝手の良いようにサービスを提供してくれます。具体的にどのようなコネがあるのかと言うと、たとえば司法書士や行政書士と交流があることが多く、なかには弁護士ともパートナーとして親しくしている税理士さんもいます。財務を引き受けている会社で法律の問題が発生した際に、パートナーである弁護士を中小企業先へ紹介してあげるということも、頻繁に行われています。

また、長い年月税理士として営業をしている場合には、事務所内に行政書士や司法書士などの有資格者を雇っているということもあります。会社を運営するのにあたって必要となる行政的、法的な手続きなどをこれによって、事務所で一括して引き受けることができます。会社の社長としてはこのように一か所に行くだけで全ての手続きを終えられるのは手間も省けて非常に魅力的です。やはり、頼りになるパートナー、といったところでしょうか。業界内で強いコネを持っており、会社運営の傷害になることを一切引き受けてくれる心強い存在なのです。

お金のスペシャリスト

会社設立時、税理士に相談をした方が良い理由としてまず挙げられるのが、お金に関する心配を全て取り除いてくれる点です。会社を設立するにあたって、社長はお金の問題と切っても切れない縁で結ばれています。どこに事務所を置くのか、どのような事業を始めて、始めるにあたってどの程度の費用が発生するのか、費用を支払うために資金をどのように用立てるのかなどなど、お金の問題はどこまでも付いて来ることになります。銀行から融資を受けるとしたら、事業計画書を作成したり、帳簿を用意したりする必要がありますが、税理士はこれらの業務に対して助言をしてくれる頼れる存在となります。また、いくら利益が出たのか、いくら損が出たのかという計算も行わなければなりませんが、これについても引き受けてくれるだけでなく、利益が出た場合の税金の計算についても行ってくれるなど、本当に頼りになる存在です。

税理士は財務のスペシャリストであるのと共に、コンサルティングの能力も持っています。というのも仕事柄、他の企業の財務状況などを良く見てきているため、どのような失敗が考えられるか、またどのようにすれば成功するかといったアドバイスも的確にもらうことができるのです。

会社設立と必要な手続き

会社設立にあたって、司法書士の方に依頼を出して登記をお願いすれば、形式上の株式会社は設立することができますが、この他にも事業を円滑に回すために必要となる手続きはいくつもあります。たとえば国や地方からの補助金や助成金の申請をしておけば、資金に若干の余裕ができますし、仕事を始めるのと同時にお金のことについては多角的に考慮しておかなければなりません。

税理士と言われると、税の計算をしてくれる人というイメージが強く、決算日や納税前に仕事の依頼をすると考える方も多いかもしれませんが、実は税理士がしてくれることはそれだけではありません。会社の運営資金を用意するための資金繰りの手助けをしてくれたり、事業計画についてアドバイスをもらえたり、費用の計算をしてくれたりなどなど、税だけではなく、お金に関するありとあらゆることを助言してくれるのが税理士になります。会社を設立するにあたって、お金の問題は一番に考えておかなければならず、資金繰りをどうするか、運転資金を用意するためにどのような手立てが考えられるかなどなど、少々専門的な知識が必要となりますので、設立前や設立直後には、税理士は頼りになる存在です。当サイトでは、会社設立時に税理士がしてくれることや、利用するメリットについて紹介していきます。お金の問題を解消してくれる頼りになる税理士、ぜひ味方に付けて、会社や仕事を軌道に乗せていってください。お金に関することならなんでも税理士に相談してみましょう。