会社設立と必要な手続き

会社設立にあたって、司法書士の方に依頼を出して登記をお願いすれば、形式上の株式会社は設立することができますが、この他にも事業を円滑に回すために必要となる手続きはいくつもあります。たとえば国や地方からの補助金や助成金の申請をしておけば、資金に若干の余裕ができますし、仕事を始めるのと同時にお金のことについては多角的に考慮しておかなければなりません。

税理士と言われると、税の計算をしてくれる人というイメージが強く、決算日や納税前に仕事の依頼をすると考える方も多いかもしれませんが、実は税理士がしてくれることはそれだけではありません。会社の運営資金を用意するための資金繰りの手助けをしてくれたり、事業計画についてアドバイスをもらえたり、費用の計算をしてくれたりなどなど、税だけではなく、お金に関するありとあらゆることを助言してくれるのが税理士になります。会社を設立するにあたって、お金の問題は一番に考えておかなければならず、資金繰りをどうするか、運転資金を用意するためにどのような手立てが考えられるかなどなど、少々専門的な知識が必要となりますので、設立前や設立直後には、税理士は頼りになる存在です。当サイトでは、会社設立時に税理士がしてくれることや、利用するメリットについて紹介していきます。お金の問題を解消してくれる頼りになる税理士、ぜひ味方に付けて、会社や仕事を軌道に乗せていってください。お金に関することならなんでも税理士に相談してみましょう。