お金のスペシャリスト

会社設立時、税理士に相談をした方が良い理由としてまず挙げられるのが、お金に関する心配を全て取り除いてくれる点です。会社を設立するにあたって、社長はお金の問題と切っても切れない縁で結ばれています。どこに事務所を置くのか、どのような事業を始めて、始めるにあたってどの程度の費用が発生するのか、費用を支払うために資金をどのように用立てるのかなどなど、お金の問題はどこまでも付いて来ることになります。銀行から融資を受けるとしたら、事業計画書を作成したり、帳簿を用意したりする必要がありますが、税理士はこれらの業務に対して助言をしてくれる頼れる存在となります。また、いくら利益が出たのか、いくら損が出たのかという計算も行わなければなりませんが、これについても引き受けてくれるだけでなく、利益が出た場合の税金の計算についても行ってくれるなど、本当に頼りになる存在です。

税理士は財務のスペシャリストであるのと共に、コンサルティングの能力も持っています。というのも仕事柄、他の企業の財務状況などを良く見てきているため、どのような失敗が考えられるか、またどのようにすれば成功するかといったアドバイスも的確にもらうことができるのです。